赤ちゃん

生後間もない赤ちゃんによく起こる乳児湿疹|汗が原因でした

湿疹を避ける方法

親子

乳児であれば誰でも経験するのが乳児湿疹です。原因は肌がまだ未熟であることから生じます。ほとんどの場合自然に完治しますので放置しても大丈夫ですが、肌を常に清潔にする乾燥を防止するなど日ごろのケアが大事です。

» 詳細を読む

肌トラブルから守ろう

赤ちゃん

乳児湿疹には、さまざまな種類がありますが、それぞれの原因にあった方法でケアをする必要があります。自己判断をせずに医師に相談しましょう。抵抗力の弱い赤ちゃんの肌を守るには、とにかく肌を清潔に保ってあげることが大事です。

» 詳細を読む

赤ちゃんのお肌トラブル

ミルクを飲む乳児

乳児湿疹ができた場合、まずは病院へ行って湿疹の種類や原因を特定します。次に赤ちゃんのお肌を清潔に保ちます。汗や外部からの刺激は肌トラブルの原因なので、こまめに着替えさせたり爪は短く切ります。これらのケアと同時に保湿剤のワセリンを塗ることで、乾燥や外部の刺激から赤ちゃんの肌を守ることができます。

» 詳細を読む

健康は健やかな肌から

幼児

症状に合ったケアが大切

乳児湿疹には、症状に合ったケアが求められます。乳児湿疹には、おむつかぶれやミルクかぶれのほかに、あせもや脂漏性湿疹などがあります。おむつかぶれやミルクかぶれは、肌の表面に尿やミルクの成分が長く留まることによって生じます。そのため、おむつを取り替えた後と授乳後には、肌に付着したミルクや尿の成分をきれいにふき取る必要があります。あせもの原因は、大量の汗です。それが毛穴をふさいで、炎症を起こします。この場合は、こまめにシャワー浴をさせて、肌に汗を残さないようにします。脂漏性湿疹は、過剰な皮脂分泌が原因です。乳児湿疹は、放置して自然に治癒します。しかし、赤ちゃんが痒がって不機嫌になるようなら、皮膚科を受診する必要があります。

自己判断に頼りすぎない

乳児湿疹のケアにあたっての注意点は、自己判断に頼らないことです。ベビー用品の専門店やドラッグストアには、乳児湿疹に適したケアクリームが数多く販売されています。それらを使用することには問題はありませんが、赤ちゃんによっては、クリームの成分が肌に合わないことがあります。肌に合わない成分を使用し続けると、症状の悪化につながります。また、保護者による過剰なケアが原因で症状が悪化するケースもあります。よって、改善の兆しが見られない場合は、皮膚科を受診して適正な対処を求める必要があります。皮膚科では、乳児湿疹の原因を的確に見極めて正確な処方箋を出します。それによって、早期に健やかな肌を取り戻すことができます。

Copyright© 2016 生後間もない赤ちゃんによく起こる乳児湿疹|汗が原因でした All Rights Reserved.