親子

生後間もない赤ちゃんによく起こる乳児湿疹|汗が原因でした

肌トラブルから守ろう

赤ちゃん

赤ちゃんの肌は敏感です

赤ちゃんの肌は弱いため、大人と比べると肌トラブルが起こりやすくなっています。乳児湿疹には様々なものがありますが、主に乳児脂漏性湿疹やおむつかぶれ、アトピー性皮膚炎、あせもなどが挙げられます。乳児湿疹は生後2週間頃から現れやすくなり、2歳までには自然治癒する場合が多いです。それぞれの症状や原因によってケア方法が異なりますので、素人判断をせず、病院で医師に相談するのが最善の方法です。新生児は、母親からの女性ホルモンの影響で、皮脂が過剰分泌され毛穴に溜まってしまうことが多くなります。まずは、入浴時に肌をきれいに洗い清潔に保つようにしましょう。そして、汗をかいている場合は、こまめに着替えをさせるようにしましょう。原因はさまざまかもしれませんが、とにかく肌を清潔にすることで予防することができます。

沐浴で肌を清潔に

赤ちゃんの肌を守る方法として、沐浴があります。抵抗力の弱い赤ちゃんは細菌に感染しやすいので、乳児湿疹を防ぐために毎日の沐浴が効果的です。夏場などは汗をかきやすいので、1日に数回沐浴させてもかまいません。しかし、赤ちゃんがのぼせないように注意する必要がありますので、時間を短縮するために、すすぎのいらない沐浴剤などを使用している方も増えているようです。アトピー性皮膚炎や食物アレルギーが原因の場合でも、肌を清潔に保つことが大事になります。皮脂を取りすぎると肌が乾燥してしまうため、部位によってはお湯で濡らしたガーゼでやさしく拭いてあげるという方法もあります。乳児湿疹は、抵抗力がついてくると症状が改善され、長くても1年くらいで治るといわれていますので、それぞれの原因に合った対処法で悪化が防げます。

Copyright© 2016 生後間もない赤ちゃんによく起こる乳児湿疹|汗が原因でした All Rights Reserved.