親子

生後間もない赤ちゃんによく起こる乳児湿疹|汗が原因でした

湿疹を避ける方法

親子

日常的なケアが大事

肌のバリア機能が大人と比較して弱い乳児は湿疹が出やすく、乳児に起こる湿疹を乳児湿疹と呼んでいます。大人であれば、なんともない原因でも乳児には湿疹として現れることも少なくありません。大人と乳児を比較すると皮脂と汗の分泌量が異なります。乳児は肌の新陳代謝が活発で巣。そのため皮脂や汗の分泌が多くなっています。しかし毛穴は大人と比較して小さいため、湿疹が出やすいのです。角質層が原因になることもあります。角質層は保湿などを行う層です。乳児の角質層は未熟であるためダメージを受けやすく湿疹の原因になることがあるのです。乳児湿疹の一番の原因は乾燥です。角質層の未熟さなどから保湿の完成度が低く乾燥に弱いのです。

保湿により防止できる

乳児湿疹は誰にでも起こりうるのであまり心配する必要性はありません。しかし湿疹からウィルスが侵入するなどの影響によりアトピー性の皮膚炎になるリスクもあります。そのため肌を常に清潔に保つことが必要になってきます。大人のニキビケアを同じように、石鹸でしっかりと肌を洗うことと、乾燥を防止するためのベビーローションなどを利用し、保湿をしっかり行うケアが大事なのです。体内からの改善は食事が限られているので体の外側からのケアが大事になります。乳児湿疹ができた個所には、ガーゼで保護するなど万全のケアをすることが皮膚炎などの予防になります。乳児湿疹は2歳ごろまで続きます。自然に治ることがほとんどですので、落ち着いて対処することが大事です。

Copyright© 2016 生後間もない赤ちゃんによく起こる乳児湿疹|汗が原因でした All Rights Reserved.